薄毛 原因

薄毛の原因 男性ホルモン

薄毛は早めの対策が重要です。毛母細胞の分裂、増殖活動が低下することにより、抜け毛は増えます。薄毛対策では毛母細胞の活動を保つ事がポイントです。

 

毛乳頭内で男性ホルモン(テストステロン)が2型5αリダクターゼの影響を受け、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。そして、DHTは男性ホルモンレセプターと結合しTGF-β1(退行誘導因子)を生成します。この退行誘導因子(TGF-β1)が毛母細胞の働きを抑えてしまい、薄毛が進行します。

 

 

 

薄毛になりやすい人はDHTとレセプターの感受性が高い人です。ただ感受性をコントロールすることができません。薄毛対策としては、育毛剤で5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑えることが大切です。そして退行誘導因子の生成を阻止します。DHTを抑え、毛母細胞の働きを維持することで髪の毛は成長します。育毛剤やサプリメント、治療薬で5αリダクターゼの働きを抑えることが可能になります。

 

 

髪は3〜5年で生え変わります。髪の毛のほとんどは成長期、残りの数ヶ月が退行期と休止期です。薄毛の特徴のひとつに、成長期が非常に短くる傾向があります。成長期からすぐに退行期、休止期に移行し、産毛や細毛の状態が増加します。産毛が生えている間は毛母細胞は生きています。その間に対策しないと、毛根がなくなってしまい、育毛対策自体が難しくなります。

 

薄毛対策には血流改善

薄毛を改善するために重要なのが毛乳頭細胞と毛母細胞です。毛細血管から栄養分が毛乳頭に補給されます。栄養を受けた毛乳頭細胞は育毛促進シグナルを出します。そのシグナルを受けた毛母細胞は分裂活動を活発に行い、髪の毛は成長します。

 

まず栄養をしっかり摂る事が大事です。髪の毛はケラチンというタンパク質です。タンパク質には肉、魚、卵に含まれる動物性タンパク質と大豆に含まれる植物性タンパク質があります。バランスよくこれらのタンパク質を摂ることで、髪の毛に必要な栄養を補給できます。

 

それから「血流」を良くする事です。いくら育毛剤を使用しても、体全体の血流が悪いと栄養が毛乳頭まで十分に届きません。血流を改善するには食生活や運動、ストレス解消なども欠かせません。

 

 

血流を促進する方法として大事なのが「ストレス対策」です。ストレスは自律神経のバランスを崩し、血管が萎縮してしまいます。その為に栄養が届きにくくなります。また過度のストレスは「コルチゾール」と呼ばれるホルモンが増え、生理機能が低下してしまいます。自分の時間を大切にしたり、人と話したり、睡眠時間をたっぷり取ることでストレスを和らげるようにしたいところです。他には有酸素運動も有効です。1日10分程度のランニング、ウォーキングを取り入れる事で肺活量があがり、血流は改善します。

 

 

 

血流改善の方法

 

薄毛対策には毛母細胞の活性化が欠かせません。毛母細胞の活性化に欠かせないのが栄養と血行促進です。血流を良くして栄養を毛母細胞に届けることが、髪の毛の成長に欠かせません。

 

・血行促進
血行促進のために大事なのが有酸素運動です。5〜10分程度のランニング、ウォーキングがおすすめです。有酸素運動を継続することで肺活量があがり、血行はよくなります。その他には半身浴があります。39度で20分程度入ると血行が良くなります。半身浴では水位はおへそくらいまでにします。それ以上だとのぼせるので注意が必要です。体を温める事は血行促進に有効です。

 

 

・栄養
肉類や揚げ物を中心とした食事をとっていると血液はドロドロになります。血流が悪いと栄養分が毛母細胞まで届かず、髪は抜けやすくなります。血液をサラサラにするために摂りたい食事を紹介します。

 

・青魚
青魚にはEPA,DHAとよばれる不飽和脂肪酸が含まれています。血栓を防止し、血行を良くする働きがあります。

 

・食物繊維
血液をサラサラする作用があります。野菜、海藻、いも類などの豊富です。

 

・ワサビ、大根、納豆、玉ねぎ
ワサビ、大根に含まれるイソチオシアネートと呼ばれる栄養分は血流を良くします。納豆には血栓を防止するナットウキナーゼが含まれています。玉ねぎには硫化アリルと呼ばれる血流促進成分が入っています。

 

・禁煙
タバコに含まれるニコチンは血管を収縮する作用があります。血液の流れが悪くなり、栄養が頭皮までしっかり届かなくなります。さらにビタミンCを消費することで肌などにもよくありません。薄毛対策を真剣に考えるなら、禁煙することをおすすめします。

 

 

栄養と血流の改善をしたら育毛剤を使用します。育毛剤には頭皮の毛細血管を拡張し、血流量を増やす成分、毛根周りの細胞を活性化する成分などが含まれています。毛乳頭細胞に栄養を届けるサポートをし、毛母細胞の活性化を促進し、細毛を改善します。

早期のケアで薄毛を改善

抜け毛、薄毛のケアは、早い段階からのケアが症状を改善させるために大切だと考えられています。
早期に抜け毛の問題に気づくことで、毛根が死滅する前にケアする事が可能です。

 

 

薄毛は早期発見と早期のケアが大切

日頃から抜け毛の量などに注意して、気になり始めたらすぐに薄毛対策のケアをすることによって、症状は早く改善すると言われています。
抜け毛が正常なサイクルによって起きているのか、異常があって抜けてしまっているのかを把握する事が大事です。。

 

抜け毛が増えていると感じたら、日常生活における食事の栄養バランス、睡眠の見直し、飲酒や喫煙の習慣の改善などをすることが大切です。男性型脱毛症の場合、ホルモンとも深い関係があると考えられ、育毛剤の使用も検討します。

 

日頃から抜け毛のチェックをしておこう

抜け毛は健康な人でも毎日50本から100本ほど起きると言われていますが、異常な抜け毛ではないかを確認するためには、抜けた髪の毛をこまめにチェックすることをお勧めします。

 

抜け毛のチェック方法はとても簡単で、抜けた髪の毛の毛根の部分を確認するだけです。毛根の部分がふっくらと丸みを帯びていれば、正常な状態の抜け毛だと判断できますが、毛根が細くなっている場合には髪の毛に栄養が届いていない可能性があります。

 

毛根が細い場合、ヘアサイクルが短くなっている証拠です。ヘアサイクルの改善には抜け毛の原因となるDHTを抑えることが重要です。そして、毛根の細胞を活性化するために、血流を改善する事も必要です。

 

フケや痒みが多い場合は頭皮の皮脂が過剰に分泌され、頭皮環境が悪化している可能性などが考えられるため、早期のケアを行う必要があります。
毛根までまっすぐに見えたり、膨らみがない場合などは要注意です。

 

放置すると薄毛は悪化してしまう

抜け毛を放置してしまうと、症状はどんどん進んでしまい、健康な状態に戻すことが困難になってきます。
抜け毛を早期発見することや早期のケアを行うことが大切だと言われるのは、早い内にケアを行うようにすると、深刻な状態になる前に改善できるからです。

 

抜け毛、薄毛が気になり始めたり、毛根の形に異常があると気づいた場合には、育毛剤を使用することや医療機関で治療を行うことも検討しましょう。
育毛剤には様々な種類があり、男性や女性で異なります。男性は男性用、女性は女性用を選択するようにしましょう。育毛剤はサプリメントと併用することでより薄毛対策の効果が期待できます。

 

また、皮膚科や薄毛治療を行ってくれる医療機関を訪ねた方が、抜け毛の改善と育毛に必要な治療を行ってもらえると考えられています。皮膚科では抜け毛を抑える治療薬を処方しています。AGAクリニックでは抜け毛治療に加え、積極的に発毛を促進する治療も行っています。

薄毛対策に人気のある育毛剤の特徴

育毛剤の種類があまりに多すぎて、どの育毛剤を選んだら良いのか迷ってしまう方も多くいます。
ここでは人気のある育毛剤の特徴などについて紹介します。

 

 

人気のある育毛剤の特徴

人気の育毛剤には、有効成分などが豊富配合されており、なおかつ不必要な香料やパラベンなどなどは添加されていません。最近はミツイシ昆布という海藻類から抽出された、M-034と言う育毛成分が配合された育毛剤も人気を集めています。

 

香料、パラベン、合成界面活性剤などの添加物によりアレルギー反応を起こしてしまう方もおられるので、無添加の育毛剤が人気になっています。また、育毛剤で効果を得るためには、ある程度の期間使い続ける必要があります。そのため返金保証付きタイプ、低価格タイプの育毛剤も人気を集めています。

 

 

 

最近話題の飲む育毛剤とは?

最近話題を集めているのが、飲む育毛剤と言われる育毛サプリメントです。育毛剤が外部から、育毛に必要な成分を吸収させるのに対して、育毛サプリメントは、体内から育毛効果のある成分を取り入れて、薄毛の症状を改善するものです。

 

また育毛サプリは、飲むだけなので、場所や時間を気にせず、お手軽に服用することができます。育毛促進に効果的な栄養素がバランス良く配合されているので、育毛サプリを育毛剤と併用するなら、さらに高い育毛の実感を期待することができます。育毛サプリの成分にはノコギリヤシをはじめ、亜鉛、ビタミン郡、アミノ酸などがあります。

 

育毛剤を購入するうえでのポイント

数多くある育毛剤の中から、ご自分に合った育毛剤を見つけるためには、まずご自分の薄毛の原因やタイプをしっかり理解する事が大事です。。
育毛剤と言っても配合されている成分によって効果が違います。薄毛の原因、症状に合った成分が配合された育毛剤でなければ、育毛効果を得ることができないからです。育毛剤の成分はしっかりと確認する事が大事です。男性の薄毛の場合はジヒドロテストステロンの生成を抑える成分、血流改善成分などが欠かせません。

 

ジヒドロテストステロンを抑える成分にはオウゴンエキス、ヒオウギエキス、キャピキシルなどがあり、サプリメントではノコギリヤシ、亜鉛などがあります。血流改善にはセンブリエキス、ニンジンエキスなどが配合されているタイプが有効です。

更新履歴